Healing Mecca in the west sea, Buan!
  • 三韓時代
    扶安郡は三韓時代には馬韓(マハン)で、馬韓54カ国の中の支半国(チバングッ)と呼ばれました。百済時代には皆火(ケファ)県と欣良買(ホンリャンメ)県の二つの県がありましたdd>
  • 新羅時代
    新羅が三国を統一した後の世紀757年(景徳王16年)に皆火(ケファ)県が扶寧(ブリョン械發(ゲバル)とも呼ばれた)と改名され、欣良買(ホンリャンメ)県は喜安(フィアン)と改名されました。そして 扶寧と喜安は古阜(ゴブ)に属しました.
  • 高麗時代
    高麗時代には保安(ボアン)県または 浪州(ナムジュ)とも呼ばれました。 高麗時代末の禑王の時には、扶寧(ブリョン)県と保安(ボアン)県に各監務が置かれました.
  • 朝鮮時代
    朝鮮朝の太宗14年から16年の間に扶寧(ブリョン)県と保安(ボアン)県の合併と分離を3,4回繰り返し、1416年-1423年1416年(太宗16年)12月に2つの県を合併させ、扶寧の「扶」と保安の「安」の字を取り扶安(ぶあん)県と呼びました。その翌年には、 興德鎭(ホンドクジン)を廃止して 扶安に帰属させ 扶安鎭(ブアンジン)と呼び、兵馬使として判事を兼ねましたが、1423年(世宗5年)に僉節制使に代わり県監となりました.
    1895年(高宗32)に全国の府・牧・郡・県が郡に統一され、 扶安県が扶安郡に改編されました。1914年の日本帝国の統治下で行政区域を変更し、蝟島(ウィド)は全南(チョンナム)靈光郡(ヨングァングン)に、飛雁島(ピアンド)は群山市(グンサンシ)に属し、その代わりに古阜郡(コブグン)から白山(ペクサン)、巨麻(キマ)、德林(トクリム)の3つの面が扶安郡(ブアングン)に編入されました.
  • 1943 年
    年には扶寧面(ブリョンメン)が扶安邑(ブアンウブ)に昇格し、1963年1月1日に    蝟島面(ウィドミョン)が靈光郡(ヨングァングン)から本郡に編入されました.
  • 1963年
    1963年には行政区域の調整より、全南(チョンナム)靈光郡(ヨングァングン)の蝟島面(ウィドミョン)が扶安郡(ブアングン)に編入されました.
  • 1978年
    1978年の界火道(ゲファド)の干拓工事の竣工により面積が3,968ha増え、1983年に  山內面(サンネミョン)から鎭西面(チンソミョン)を分離して界火面(ケファミョン)と鎭西面(チンソミョン)が新しく生じました.
    現在の行政区域は1邑12面で、面積492.73 km² (農耕地42%、林野42%、その他16%)です。扶安郡(ブアングン)は東経126度40分、北緯35度40分に位置しており、全羅北道(チョンラプッド)の西側にあります。群山市(グンサンシ)とは海で両境界が接しており、北東は金堤市(キムジェシ)、南東は井邑市(チョンウプシ)、南は高敞郡 (ゴチャングン)に接しています.
    東側が低く西側が高い形態で、黄海に突き出している半島です。南西部には邊山(ピョンサン)という山が重なっており、北東部は広く肥沃な平野です.
    海岸線は東津江 (トンジンカン)の河口から茁浦面(チュルピョミョン)牛浦里(ウポリ)までの99kmで、海風の影響を多く受けてか冬には雪が多く降ります.
방문자 통계